Latest News
MTU 過去のニュース
TO HOME


フォーラム平和・三重総会開催される(9月30日)

 津市・地方自治労働文化センターで、フォーラム平和・三重第6回総会が開催され、加盟団体である三教組からも5人の代議員が参加しました。
フォーラム平和・三重は平和を求める多くの働く仲間や団体、また一般市民等の個人会員で構成されています。平和や人権・環境を守り、すべての人がともに生きる社会をめざし、さまざまな活動をおこなっています。
 あいさつに立った前嶌徳男議長(三教組委員長)は、平和を求める最大の運動団体としてフォーラム平和・三重の果たす役割は大きいとし、「平和憲法がないがしろにされ、平和が危機的状況に、そして小泉政権継続が決まった今、わたしたちの手による大衆運動の強化がいっそう重要となってくる。それぞれの働く現場で、国民1人ひとりを大切にする側に立って仕事や人権・平和・環境をまもる運動にとりくんでいこう」と呼びかけました。
 2005年度活動方針(案)に関わり、三教組からも「平和をまもる運動」や「教育基本法改悪を許さないとりくみ」などで討論に参加し、県内の仲間に連帯を呼びかけました。
 その後、「子どもたちや若い世代に、平和な日本、地球を」という決意のもと、本年度活動方針が採択され総会は閉会しました。
 わたしたちは敗戦・被爆60年の節目の年、多くの仲間とともにフォーラム平和・三重の活動をさらに強めていきます。

>>一覧へ>>

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved