Latest News
MTU 最新ニュース
TO HOME


現場の実践からひらく三重の教育

=第58次教育研究集会=
                  10月25,26日 四日市

約2700人が学びあい深めあう

 10月25日、26日の2日間にわたり、四日市市内で開催された第58次教育研究三重県集会(県教研)。 のべ約2700人が参加し、 日々の現場の実践や教育活動を交流し、学びを深めあうことができました。
 全体会場となったオーストラリア記念館では、落合恵子さん(作家、クレヨンハウス主宰者)による記念講演や、特別分科会「みんなで考えよう『子どもが主人公の学校』を」が開かれ、子どもや保護者、教職員の思いを出しあい、みんなで学校について考えあいました。
 また冨田小学校・富田中学校の2会場では県教研のテーマ「仲間とともに意欲をもって学びあう教育を」のもと、各分会 ・各支部から寄せられた302本のレポートをもとに分科会が開催されました。
教科や課題別に設定された各分科会では、子どもや地域の実態を出発点に、現場で仲間とともにとりくむ実践や活動のようすが報告され、2日間熱心な議論がおこなわれました。


>>一覧へ>>


Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved