Latest News
MTU 最新ニュース
TO HOME

組合が動かなければ現場、社会は変わらない
新執行部学習会開催

 二〇〇八年度の運動がスタートしました。新体制のもと、三教組が直面する喫緊の課題について学習を深めるため、支部・本部・専門部約二百三十人が 参加し学習会を開催しました。
 午前中の全体会では、前嶌前委員長が「組合が動かなければ現場、社会は変わらない」と題して講演をおこないました。
そのなかで前嶌前委員長は、「教育の自由を守る」ことは、三教組運動の最大の目標。日々の教育実践である。現場から日本の教育を変えていこうと話しました。また「学校現場や社会には多くの課題があるが、それらを解決するのは団結の力であり、保護者や地域の人々の理解と支えである。『組合自らが動いてはじめて現場も社会も変わる』ということを確認しあい、運動をすすめていこう」と強く訴えました。
 午後からは、教育文化、教育財政、生活法政、組織共闘の四分科会に分かれ、当面の課題や問題について参加者全員で共通認識をはかりました。






>>一覧へ>>


Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved