Information
MTU                        過去のおすすめの一冊
TO HOME


『100km!(ヒャッキロ)』 
片川優子著 講談社 2010年 1200円(本体価格)

 主人公、女子高生のみちるがいつのまにか「100キロを歩く」大会に出場させられ、ひたすらゴールをめざすというストーリー。しかし「ただ歩くだけ」ではありません。歩くことをきっかけに、自分自身を見つめ、家族を思い、彼女のなかで少しずつ変化が起きていきます。著者は、同様のイベントに参加したときの経験をもとに小説を書いたとのことですが、経験者だからこそ書ける物語だと読み終えて感じました。ところで、みちるが無事にゴールできたかどうかですが、それは読んでのお楽しみ、ということにさせていただきます。




>>一覧へ>>

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved