Information
MTU                        過去のおすすめの一冊
TO HOME


  「ハードワーク〜低賃金で働くということ〜」       
 
ポリー・トインビー著 椋田直子訳 東洋経済新報社 2005年出版 1,890円

 イギリスの女性ジャーナリストが40日間という期限付きで低所得層の暮らしを疑似体験して書いたルポルタージュ。
 著者は、社会に必要な重要な仕事をしている人に十分な賃金が支払われていないこと、その人たちが今よりいい生活をするためのチャンスがほとんどないことにショックを受ける。
 私たちが食事をしているレストランで働く人が、生活に必要なだけの賃金を得ていないのは、私たちが必要な対価を支払っていないからだ、それはゆがんだ市場だと著者はいう。
 日本も上下の格差が広がっていると言われている。自分が現在「下」の方にいないからといって、「競争の結果、生活に差が出るのは仕方がない」とドライに言い切ってしまう気持ちにはとてもなれない。そんな感想を持った本だった。 


>>一覧へ>>

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved