Information
MTU                        過去のおすすめの一冊
TO HOME


『永遠の0(ゼロ)』
 百田尚樹著
講談社(講談社文庫)2009年 本体価格876円
 書名の0(ゼロ)とは太平洋戦争中、日本の戦闘機として名をひろめた「零戦」のこと。
 その零戦パイロットだった祖父宮部久蔵のことを、孫の健太郎と姉の慶子が元戦友たちを訪ねて調べるところから話が始まります。2人は、「生きて帰る」という妻との約束を果たそうとした祖父の姿や太平洋戦争の実情を戦友たちから聞くにつれ、それがつい60年前のことだということに愕然とします。読後にさまざまな思いが心に残る作品です。



>>一覧へ>>

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved