Information
MTU                        過去のおすすめの一冊
TO HOME


「365日で味わう 美しい季語の花〜イラストで彩る1日1語〜」
  金子兜太監修 誠文堂新光社 2011年 1800円(本体価格)
 季語にはいろいろな分類がありますが、「植物」はそのなかでももっとも身近に感じられる季語です。本書には、芽、葉(若葉・枯葉・落葉など)、花、実(野菜・果物・木の実など)、山菜、野草、枯木、枯草などさまざまな状態の植物が登場します。美しいイラストと俳句で季節を味わってください。
 福寿草 家族のごとく かたまれり(福田蓼汀)―1月1日・季節・新年 掲載―



>>一覧へ>>

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved