Information
MTU                        過去のおすすめの一冊
TO HOME


『僕は、そして僕たちはどう生きるか』 
梨木香歩著 理論社 2011年 1600円(本体価格)

 主人公はコペル、14歳。染織家の叔父と草木染めに使うヨモギを取るため、幼なじみのユージンの家を訪ねる。そこで、ユージンの従姉ショウコとも再会し、ウコギごはんや、スベリヒユの油炒めをつくる…と書けば、スカウトのキャンプのようで、楽しい物語だ。しかし、この小説が取りあげているテーマは重く深い。
 自然、戦争、教育…。共通するのは「大勢と個」ということだ。とくに、書体を変えて挿入されたエピソ−ドに胸を突きさされる。著者の「今訴えなければ」「10代の子どもたちに今伝えなければ」という思いが強烈に伝わってくる。




>>一覧へ>>

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved