Information
MTU                        過去のおすすめの一冊
TO HOME



『自分の体で実験したい』 
   レスリー・デンディ メル・ボーリング著 梶山あゆみ訳
紀伊国屋書店 2007年 本体1900円
 科学・医学実験を紹介している本ですが、専門知識なしで興味深く読めます。
 病気のときに体温を計るようになったのは、8人の英国紳士(と1人のスウェーデン人)があぶり焼きにされたおかげ(もちろん正当な実験で、その後も9人は無事に研究をつづけました)。自動車の安全性が日々改善されているのは、時速1017kmまで体感し、人体への影響を実験した人がいたから(彼はその実験で失明しました)。
 身の危険を顧みず、人のため、研究のために実験をつづけた科学者たちの熱意に、心を打たれます。




>>一覧へ>>

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved