Information
MTU                        過去のおすすめの一冊
TO HOME



『ゆびさきの宇宙 福島智・盲ろうを生きて』
生井久美子著 岩波書店 2009年 本体1,800円 
 福島智さんは、4歳で右目・9歳で全盲、14歳で右耳、18歳で盲ろう。母の考案した「指点字」で世界とつながり、現在世界ではじめての盲ろうの大学教授。
 インタビュー記事をもとに、その世界や考えを描いた本です。指点字通訳をつうじて知りあった妻との話もたくさん。適応障害、別居、夫婦けんかに通訳者……福島さんにも、山あり谷ありのできごとがあります。生きること自体がたたかいだという。それでも「人生はいいもんだ」と思える強さを、この本から感じます。



>>一覧へ>>

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved