Information
MTU                        過去のおすすめの一冊
TO HOME



 「南極がこわれる」
藤原幸一著  ポプラ社 2006年発行 本体1600円


ペンギンは動物園のみならず、映画出演もあいつぐ人気者だが、この本はその生息地が危機に瀕している現状を告発する。南極は今や温暖化とゴミで壊れかけているという。人間の残したワイヤーやプラスチックで傷ついたペンギンの姿はとりわけ痛ましい。「南極が地球最後の楽園だったのは、人間がそこにいなかったからだ」という指摘は、正鵠(せいこく)を射ている。もうひとつのオススメ。「365まいにちペンギン」も、一見たわいのない絵本だけど、最後にはちゃんとエコのメッセージが…。



>>一覧へ>>

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved