Information
MTU 三重県教職員組合
TO HOME


2012.2/15 
Dr.Mの健康アラカルト No.56 メンタルヘルスA

 職場のストレスを予防するには、職場一人ひとりの協力が必要です。日々の忙しさのなかにあっても、仲間とのつながりを大切に。

○ 職場のストレスを予防するために
 ・対処することが困難な課題にぶつかったときは、一人で抱え込まずに周囲の人に相談しましょう。
 ・一部の人に、時間的にも精神的にも余裕のない状態が集中していないか留意し、日常的に声をかけあえる職場にしましょう。
 ・いざというときに自由に意見を交換し、援助しあえる職場にしましょう。
 ・日頃から、職場の人とのコミュニケーションを積極的におこない、ふだんのようすや行動を知っておくことで、メンタル不調のサインに早く気づくことができます。
 ・長時間労働は、ストレスを解消するための余暇の時間や睡眠時間の確保ができなくなります。できるだけ長時間労働が少なくなるようにみんなで協力しましょう。
 ・相談機関をじょうずに利用しましょう。

厚生労働省:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」に相談窓口が掲載されています。(http://kokoro.mhlw.go.jp/)


                            Dr.Mの健康アラカルトへ

Copyright c 2005  三重県教職員組合.  All Rights Reserved